本郷中央病院は、広島県三原市本郷の緊急医療に対応できる救急病院としてその役割を果たすと共に、先進医療機器を導入し、疾患の早期発見・短期治療を行っています。

このページの概要
消化管内視鏡のご案内です。

消化管内視鏡のご案内


消化管内視鏡のご案内

 


        内視鏡室の特徴・概要
本郷中央病院では、上部消化管内視鏡(経口、経鼻内視鏡)を用い、外来・入院患者をはじめ、ドックの受診者を対象として、苦痛が少なく、安心な内視鏡診断・治療を行っています。また、内科医・外科医との連携による内視鏡検査ならびに地域に根ざした内視鏡連携医療を行っています。

        スタッフの紹介
消化器病を専門とした内科・外科の3名の医師がそれぞれ担当しています。

氏名

役職

専門分野

所属学会

谷本 康信

院長

消化器外科

日本外科学会 指導医


井上 正規


副院長


消化器内科

日本内科学会 認定医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会
   専門医・指導医

壷井 章克

非常勤

消化器内科

日本内科学会 認定医

                        

        検査日程
・上部消化管内視鏡検査は月曜日から土曜日まで毎日行っています。
・大腸内視鏡検査は火曜日午後行っています。
・検査の準備がありますので、原則的には予約制で行っていますが、
 急患の方は緊急で対応しています。
・三原市では緊急内視鏡検査は輪番制で対応しています。
 当病院では毎週火曜日の夜間帯および第一土・日曜日が担当日です。
・大腸内視鏡検査やポリープの切除手術は入院で行っています。

        主な内容
上部内視鏡検査は食道・胃の早期がんの発見に努めています。
また、胃潰瘍・十二指腸潰瘍では、原因となるピロリ菌の感染を調べ、薬により菌を取り除く除菌治療を積極的に行っています。ピロリ菌除菌治療で潰瘍が治り再発しなくなります。同時に胃がんの予防もできることも明らかになりました。また、吐血や下血などの方には緊急内視鏡検査による止血術も行っています。
下部消化管検査は検便による大腸がん検診の普及により、大腸内視鏡を受けられる方が多くなり、近年大腸がんが増加しています。当院では、安全で苦痛のない大腸内視鏡をめざしています。

  • 診療時間Consultation hours
  • 初診受付時間
  • 午前 8:30 ~ 12:00
    午後 12:00 ~ 17:30
  • 再診受付時間
  • 午前 7:00 ~ 12:00
    午後 12:00 ~ 17:30
  • 診療開始時間
  • 午前 9:00 ~ 午後 13:30
  • TEL0848-86-6780